マラソントレーニング

自分流マラソン調整 走れない平日がレースへの調整

投稿日:2019年2月25日 更新日:

Pocket

マラソンの調整は専門書には、2週間前くらいから練習量を落としだして、、、などと書かれています。

我々サラリーマンランナーは週末しか走らないので調整は不要です。

 

マラソン大会への調整として2週間前から落としだしたら逆効果で練習不足となりかねません。

よく考えればレースまでの平日5日間も走らないのです。

 

この事に気づくと、マラソンの調整方法も変わってくると思います。

 

マラソンの調整方法間違っていませんか?

自己流調整方法をお話しします。

 

関連記事

マラソン絶対サブ4達成出来る5つの方法。練習タイム全公開にて実証

 

自分流マラソン調整 走れない平日がレースへの調整

私の普段の練習はゆっくり長く。

ゆっくり走っているので心肺機能が出来上がっていない場合がありますので本命のフルマラソンの2ヶ月前からは出来れば最低ハーフを2本走っておきたいですね。

理想は1ヶ月前と2週間前ですが近所であればいつでもいいと思います。

 

一週間前のハーフも実は効果的です。

2か月くらいレースを走らずにフルマラソンを走ると心肺出来上がっていない分呼吸が乱れがちで苦しいレースとなることが多いですので是非とも本命レース前にはハーフマラソンで刺激を入れましょう。

マラソン練習|大会前の調整方法

よく専門書には調整期間と書かれており、2週間前くらいから練習量を落としだして、、、などと書かれています。

我々サラリーマンランナーは週末しか走らないので調整は不要です。

 

1週間前の週末までしっかり15キロから20キロ走ってください。

マラソン大家への調整として2週間前から落としだしたら逆効果で練習不足となりかねません。

よく考えればレースまでの平日5日間も走らないのですから勘違いのないようにしてください。

 

私も1週間前はがんがん走りますし、例え1週間前でもハーフマラソン参加程度はいい練習になるくらいです。

その後のレースまで5日も走らないのでしっかりケアすれば回復しますし逆に刺激が入って好走できます。

決してエリートランナーの調整方法はサラリーマンランナーには合うとは限りません。

私が好記録出た時はほぼ1週間から2週間まえにハーフマラソンレースに出るか土日とも15キロ〜20キロジョグしています。

サラリーマンランナーは走る時間が週末だけなので調整は前日の土曜だけで良いのです。

 

土曜も体調を見て大体5キロから10キロのゆっくりのジョグとやるなら1km1本だけレースペースで刺激入れ程度で仕事の疲れを抜いて身体をほぐすのが私流です。

マラソン調整とは、毎日ガンガン走ってポイント練習までして追い込んでいる方がすることで、週末ゆっくりランの私たちには調整は必要ありません。

むしろ練習量の落としすぎがレースの失敗を招きます。

 

いかがでしたでしょうか。

 

私はサラリーマン50才。走るのは土日のみ。

ハーフ1時間45分程度、フルマラソンがサブ4程度です。

まったくの私流ですが私と同じような方は、マラソン大会に参加される中で一番多いゾーンと思います。

最近この調整をやりだしてから安定して目標タイムを出せています。ぜひ真似てみてください。

 

それでは、マラソン大会頑張りましょう。

おすすめ記事

-マラソントレーニング
-, , , ,

Copyright© マラソンをもっと楽しむブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.