マラソン大会

マラソン大会の前泊はエントリー時に予約するべし|宿泊の裏技

投稿日:

Pocket

秋のマラソン大会のエントリーが次々に始まっていますが前泊の予約はお済ですか?

マラソン大会にエントリーしたのはいいけど、大会が迫ってきて前泊できるホテルを探したがどこも空いていない。

直前まで前泊の宿確保に翻弄して振り回された。

ホテルが確保できずに車中泊した。

 

このようなことになっている方必見です。

マラソン大会は都市型で受付が前日出ないと出来ない大会が多いです。

近所であれば前日受付に行って家に帰り当日朝に出かけていくことが出来ますが、遠方となると物理的に無理な場合と、往復の交通費を考えれば宿泊した方が安い場合があります。

この記事ではマラソン大会の前泊のコツと宿を見つける方法を紹介します。

マラソン大会の前泊の手配は基本エントリーと同時にするべしですが、いざとなってからの宿探しの裏技もお話しします。

 

この記事を書いている私はマラソン歴6年。

マラソン大好きのサブ4を5回達成した程度の市民ランナーです。

自己ベストは3時間47分、50歳で達成しています。

昨年秋から4本連続サブ4と安定しだしました。

毎月2本はどこかのマラソン大会走っています。

 

あわせて読みたい県連記事

金沢マラソン2019のおすすめ宿泊ホテル|マル秘駐車場情報あり

黒部名水マラソン2019宿泊情報!まだ間に合うマル秘宿泊情報あり!

マラソン大会の前泊はエントリー時に予約するべし

人気のマラソン大会はエントリーだけでも一苦労ですが、忘れていると困るのが前泊です。

マラソン大会が近づいてきてから思い立って宿泊の予約をしようとしてもほぼ満室で予約できずに困っていませんか?

特に都市型のマラソン大会は前日受付があり、当日のスタートも午前9時前後と早い事が多いので前泊が必要になってきます。

 

大都市での開催であっても3万人規模のランナーや家族たちが宿泊することを考えるとあっという間に満室になります。

ホテルに行ったら、マラソンランナーばかりが宿泊者だったみたいなことよくあります。

 

特に注意が必要なのは観光シーズンとマラソン大会が重なっているような場合です。

マラソン大会がなくても、観光客特に外国人客も近年多いので普段からホテルの予約が年々とりにくくなっています。

基本はマラソン大会にエントリーと同時に宿泊も予約しておく事をおすすめします。

マラソン大会特に都市型では半年前にはエントリーが確定するのですぐに宿泊施設を確保することが重要です。

半年前であれば、観光客の予約はまだ少なめですので、、、

 

それでも、皆さん考えることは同じです。

数万人が同じことを考えればあっという間にいい場所から埋まっていきます。

 

このような事でお困りの方も多いと思いますが、宿泊施設を確保する裏技を教えます。

 

マラソン大会前泊宿確保の裏技

私自身年間15から20本程度はマラソン大会は走っています。

その内前泊を伴うものは年間5回以上はあります。

毎回同じ経験をしていますので、あまり教えたくないのですが裏技おしえます。

 

ホテルに特化して探す場合

宿泊はホテルに限るという方向けです。

宿泊の予約は基本ネットで済ませるのが早くて確実です。

ネットの旅行サイトから、日付、地域で検索をかければ空き情報が出てきます。

 

これは誰もがやる一般的な事ですが、空いていない場合は、、、

近隣の地域からのアクセスを調べて近ければ別の都市で予約する。

 

例えばですが、昨日発表された金沢マラソン2019であれば金沢市内ばかりに目が行きがちですが、グーグルマップで調べてみましょう。

隣の小松市内なら、電車で15分から30分程度で行けるはずです。

 

このように、土地勘がないとついその都市ばかりで探してしまいますが、近隣の都市で探すと意外と空いていること多いです。

マップをみて、アクセス時間を調べてみると意外な場所が近かったりしますので是非試してみてください。

もう一つの裏技ですが、ホテルは事前に旅行会社が多めに確保している場合があるそうです。

確保しているホテルを販売しきれないと数週間前にはホテルに返却されるそうで、するとホテルはすぐにネットに空きありと出します。

最悪の場合ですが、週週間前から毎日予約サイトとにらめっこしていると突然空室が出てくることが多いですのでお試しください。

 

さらに最悪の場合の裏技です。

ホテルのキャンセル料は宿にもよりますが、多くの場合3日前からキャンセル料がかかり始めます。

その前日はキャンセルがよく入ります。

その日を狙って、予約サイトとにらめっこ、、、

結構な確率で見つけられます。

仕事中は出来ないので出勤時の電車の中か昼休みがポイントです。

 

宿泊施設にはこだわらない場合

宿泊施設にこだわらなければ選択肢はもう少し広がります。

民泊なんかもそうですが、あれも外国人に人気でなかなか予約できにくいです。

 

おすすめは、キャンプ場です。

近年のキャンプブームでたくさんのキャンプ場が整備されています。

さすがにテント泊は準備と片付けを考えると現実的ではありません。(それでも結構テント泊されているのを見かけます。)

キャンプ場にはバンガローという施設が用意されていることが多いです。

自治体が運営しているものでは1棟貸し切りで5,000円前後で宿泊できるものもあります。

キャンプ場で検索して電話で問い合わせてみてください。

 

注意点としてはバンガローは寝具がついていない場合がよくあります。

その場合レンタルするか、シュラフ等を持参するかになります。

でも本当に寝るだけであれば格安で十分すぎる広さもあり快適です。

我が家の場合、地方マラソン大会の時よく利用しています。

 

まとめ

マラソン大会の参加には遠方の場合前泊が必要となってくる場合が多いです。

私は走る旅と言って、マラソン大会に参加しつつ旅行を楽しんでいます。

 

宿泊施設の確保は年々難しくなってきていることは実感としてあります。

だからこそ、マラソン大会のエントリーと前泊予約はセットで考えないと大変なことになります。

 

本当に良い場所で安い宿を確保するならマラソン大会のエントリーより宿泊施設の予約を先にしてもいいくらいですね。

秋のマラソン大会エントリーしたら同時に前泊も予約しましょう。



おすすめ記事

-マラソン大会
-

Copyright© マラソンをもっと楽しむブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.