陸上競技

東京オリンピック聖火ランナーに応募してみる!

投稿日:

Pocket

東京オリンピックの聖火ランナーの募集が始まっています。

聖火ランナーはおそらく人生最初で最後のチャンスなので応募してみたいものですね。

聖火ランナーの募集要項を見ていると、規定はあるものの基本的にだれでも応募は出来るようですね。

マラソンを愛するものとしては走ってみたい。

 

普段のマラソン大会での応援も嬉しいけど、聖火ランナーともなれば注目度がすごいでしょうね!

自分で応募してみる事にしましたので、応募方法についてまとめてみました。

 

この記事を書いている私はマラソン歴6年。

マラソン大好きのサブ4を5回達成した程度の市民ランナーです。

自己ベストは3時間47分、50歳で達成しています。

毎月2本はどこかのマラソン大会走っています。

秋のハーフ90分切りと2年計画でのサブ3マジで目指して練習開始です。

東京オリンピック聖火ランナーに応募してみる!

東京オリンピックの聖火ランナーが一般に募集されています。

聖火ランナーって選ばれしものだけが走れるものと思っていましたが、一応自分でも応募は出来ます。

 

抽選とかじゃなく、人物や功績などを総合的に判断しての選考のようですね。

聖火ランナーなんて人生1度きりのチャンスです。

聖火ランナーに応募してみる事にしたので、応募方法など紹介します。

もし、応募してみたいと思ったら参考にしてみてください。

東京オリンピックの聖火ランナーの応募条件

聖火ランナーの応募条件は以下の通りです。

  • 2008年4月1日以前に生まれたもの
  • 走行を希望する都道府県にゆかりがある事(居住中、過去に居住、活動歴があるなど)
  • 自らの意思で火を安全に運ぶことが出来る事

国籍・性別などは不問です。

走行距離はたったの200mなのでランナーでなくても誰でも走れます。

 

東京オリンピックの聖火ランナーの応募方法

聖火ランナーの応募方法は5つあります。

 

スポンサーである4社からの応募プラス自治体への応募です。

  • 日本コカ・コーラ株式会社
  • トヨタ自動車株式会社
  • 日本生命保険相互会社
  • 日本電信電話株式会社(NTT)
  • 各都道府県実行委員会への応募

 

 

この5つの応募先に全て応募することが出来ますが、選ばれるのは1つのみです。

応募はすでに受付中で2019年8月31日が締め切りとなります。

東京オリンピックの聖火ランナー選定の方針がある

聖火ランナーはさすがに抽選みたいな決め方はしないようで、以下のような選定の基本的な考え方が示さてれいます。

対象:全ての人
国籍、障がいの有無、性別、年齢(※安全なリレーのために下限年齢を設定)のバランスに配慮しながら、幅広い分野から選定し、開かれたリレーとする
地域で活動している人を中心に選定

復興・不屈の精神(支えあう心)
日々の生活の中でも、家族、仲間、同僚などお互い支えあって、諦めずにどんな困難にも立ち向かう人
例:復興のために、地域コミュニティ再生に多大な貢献をした人

違いを認めあう包容力(認めあう心)
様々な人々との違いを認めあいながら新たなものに取り組んでいる人
例:様々な個性の子供たちのためのスポーツコミュティを作り、多くの人が集う地域の拠点を作った人
地域の人と移住者をつなげて、新たな地域ブランド構築に貢献した人

祝祭による一体感(高めあう心)
ランナーとして走ることで、地域の一体感を高めあう事ができる人
例:地域の伝統文化活動を縁の下で支えている人

東京オリンピックの聖火ランナー募集要項から引用

 

難しい事が書いてありますが、要は地域貢献をしたり、地域に愛されている人物である必要があるとの事かなと思います。

自治体への東京オリンピックの聖火ランナーの応募には自己PR文400文字プラス第3社による推薦文まで必要となります。

 

実に応募だけでもハードルが高いです。

 

スポンサー企業への応募では自己PR文のみで済みますので若干ましです。

 

聖火ランナーはどのような人が選ばれるのか?

聖火ランナーの募集要項をみると、自己PRも必要ですし、何より選考の考え方に選ばれるヒントがある気がします。

 

平等に抽選とはならない気がします。

地域への貢献や取り組みなどを総合的に判断して地域にゆかりの深い方が選ばれるのかな?という気がします。

 

自身の地域貢献度を考えると難しい気もしてきます。

ただ、有名人ばかりじゃ批判がでるでしょうし、普通の人も選ばれるはずです。

 

少なくとも、自分がしてきたことは全てアピールしてみる事が大事かもしれませんね。

意外なところで貢献があった可能性もありますしね。

 

聖火ランナーに選ばれるのは東京マラソンの抽選どころじゃなく、宝くじ1等にあたるほど難しいことかもしれません。

でも応募しないと当たらないのでやってみたいですね。

聖火ランナーの応募で盛り上がりだしている

SNSでも応募したなどの声がどんどん出だしています。

諦めモードの声も多いですが、まずは応募しないと始まりませんので、、、

まとめ

東京オリンピックの聖火ランナーは応募が始まっていますが、どのような選考になるのでしょうか?

人生に一度のチャンスなのでとりあえず申し込んでみます。

 

当たる、当たらないは分かりませんが、チャレンジしてみるのもいいかもしれません。

自己PR400文字の作文がいりますが、、、

 

おすすめ記事

-陸上競技
-

Copyright© マラソンをもっと楽しむブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.