マラソントレーニング 身体のケア

マラソンシューズの人気おすすめ2選!怪我無く走れるシューズの選び方

投稿日:2019年3月14日 更新日:

Pocket

ランニング・マラソンシューズはランナーにとって命。

何も頼るものがないマラソン。

だからこそ、マラソンシューズはいいものを履きたいですね。

 

私のマラソン初心者の頃は怪我に悩まされました。

なので、マラソンシューズは怪我を招きにくい本当にいいものがおすすめです。

 

サブ4達成レベルの私にちょうど良かったおすすめマラソンシューズ紹介します。

 

ランニング・マラソンシューズだけはいいものを、そしてケガしない速く走れるシューズが欲しいものです。

 

サブ4ランナーから見るマラソンシューズの選び方、実際に履いて本当に良かったと思える2足紹介します。

mappy

この記事を書いている私はマラソン歴6年。

マラソン大好きのサブ4を5回達成した程度の市民ランナーです。

自己ベストは3時間47分、50歳で達成しています。

昨年秋から4本連続サブ4と安定しだしました。

毎月2本はどこかのマラソン大会走っています。

只今サブ3マジで目指して練習開始です。

関連記事

MGC出場者のマラソンシューズから危惧する日本メーカーの危機

MGC出場者のベストタイムとマラソンシューズを調べてみた【女子編】

 

ランニング・マラソンシューズの人気おすすめ2選 シューズの選び方

ランニング・マラソンシューズの選び方

ランニング・マラソン一般的にに初心者はクッションがよくて厚めの底の靴を勧められます。

私もランニング・マラソンを始めた頃、スポーツ店で初心者用(フルマラソン5時間)と書かれたシューズを

何の迷いもなく購入しました。

その後、腸脛靭帯炎など怪我を繰り返し整体所へ駆け込むとシューズを変えなさいと言われたのを覚えています。

着地が安定しない、筋力がついていない初心者はクッション性の高いランニングシューズで走ると着地の度に左右へぶれていることが多いそうです。

 

すがる思いで、中級者以上向けのシューズ(フルマラソン3時間半から4時間)のランニングシューズを買いました。

その時買ったのが、当時青山学院大学の選手たちが箱根駅伝で履いていて有名になったアディゼロブースト。

もちろん選手が履いていたものはもっと薄底でそれを初心者が履くと足も痛いし、しんどくて長い距離は走れません。

 

アディゼロジャパンブースト

そこで、ちょうどいいものを見つけたのがこれ↓

アディゼロジャパンブーストと言われるシューズで薄底でありながら適度なクッションもある。

これ履きだしてから怪我知らずです。

 

もちろんトレーニングにより筋力がついてきたのもあると思います。

着地した時自然と前に押し出される感覚で、マラソンを始めた頃はずっとお世話になりました。

2足目もこのシリーズのバージョンアップ版

当時このランニングシューズで世界記録を出したと有名になってバカ売れしていました!

 

このシリーズの上級者向けがアディゼロブースト戦というシリーズで

当時の駅伝からマラソンランナーがアディダス一色になったくらいです。

 

確かに、いいシューズでした。

今でも、青山学院大学駅伝部などではジョグ用シューズなどとして使用されているようですね。

 

ただ残念なことにその後靴職人の三村さんがアディダス社との契約を解除されたので

その後、このランニングシューズのバージョンアップ版を見かけなくなってしまいました。

 

色やデザインを少し変えて今も発売されています。

結構激安でネットで買えたりするのでチャンスですので超おすすめです。

お値段以上の性能は間違いなしですのでよ↓

 

ナイキズームエリート

ナイキヴェイパーフライの衝撃は世界中のランナーのシューズを変えました。

あまりにも有名すぎて、手に入らないし高額で市民ランナーには手が届きませんね。

 

私が、アディダスからナイキに乗り換えた理由。

 

靴のバージョンアップがなくなり欲しいカラーがなくなったことと、

何よりも当時の私はフルマラソンを走るたびに足の爪が割れていたのです。

 

アディダスのシューズの先端部分の形状が足に合わなくて、ゆっくり走っている分にはよかったのですが。

 

そこで、ナイキズームエリートというシューズを試し履きしてみると靴の先端が広くて快適。

迷わず、買っちゃいました。

しかし、このランニングシューズ暴れん坊で慣れるのが半端なく時間かかりました。

 

履き始めはいい感じでクッションもあり、ぐいぐい前に進んでいく感じ。

それもつかの間、数キロ走るとなぜこんなに足が疲れるのだろうと思うくらいしんどい!

 

10キロ走っても20キロ走っても慣れない。

 

レースで履けるようになるのに100キロくらい走ったのを覚えています。

 

このシューズ、まずフォアフット走法向けにできているようで、先端部分が他のシューズに比べて異様に硬いです。

手で曲げてみてもその硬さ半端ないです。

 

逆に走り方がシューズにあってくると着地の反発で楽に走れるようになります。

 

走力がついてきたのと同時にこのシューズにしたのでうまくマッチし、その後自己ベスト更新ラッシュでした。

今は同じシリーズ2足目

 

ナイキズームエリートは耐久性がすごすぎます。

私は、年間で2,000km走りましたが、まだ履けそうなくらいです。

今では私の最強シューズです。

練習も本番も同じものを使っています。

 

ランニングシューズの選び方 まとめ

・初心者こそケガ予防もかねて薄底で走りましょう。

・ランニングシューズを変えたら慣れるのが大変。

・おすすめは、アディゼロジャパンブーストとナイキズームエリート!

この2足は本当にいいシューズと思います。

おすすめです!

 

ランニングシューズを変えてから、昨年秋から4大会連続サブ4達成しました。

そして、ハーフ1時間42分、10km46分と大きく自己ベストを出せました。

 

ランニングシューズがいいのか、自分の実力かはわかりません。

ただ言えることは、マラソンを走っている間の唯一の相棒がシューズです。

 

妥協せず、本当に自分に合ったものを選んでくださいね。

こちらの記事もおすすめです。

おすすめ記事

-マラソントレーニング, 身体のケア
-, , ,

Copyright© マラソンをもっと楽しむブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.