トレイルランニング

若狭路トレイルラン2019口コミガイド

投稿日:2019年7月30日 更新日:

Pocket

若狭路トレイルラン2019のエントリーが始まっています。

若狭路トレイルは福井県若狭町や小浜市の山々を舞台とし、コースからは海、山、湖の絶景が楽しめる大会です。

 

若狭路トレイルは2019年9月28日の開催となります。

昨年は度重なる台風直撃で中止になりました。

この時期台風が多いので仕方ありませんね。

福井県は比較的台風の直撃が少ない地域ですが、近年の台風は過去に例を見ない威力でやってきます。

今年こそはいい天気で若狭町と小浜市の山、海の景色を堪能したいものです。

 

若狭路トレイルは今年はすでに600名を超えるエントリーが入っているようで1000名の大台を目指すとのことです。

トレイルラン大会としては比較的規模の大きなものとなります。

 

初心者からベテランまでが楽しめるコースも用意されており、天気さえよければ最高のトレイル大会となること間違いなしですね!

そんな若狭路トレイルの魅力を口コミを交えて紹介します。

 

この記事を書いている私はマラソン歴6年。

マラソン大好きのサブ4を5回達成した程度の市民ランナーです。

自己ベストは3時間47分、50歳で達成しています。

毎月2本はどこかのマラソン大会走っています。

最近トレイルランにはまっています!

ただいま、マジでサブ3へ挑戦練習始めています。

 

若狭路トレイル21019参戦記はこちら

若狭路トレイルラン2019参戦記!初トレイルの失敗談ご参考にして下さい

若狭路トレイルラン2019口コミガイド

若狭町、小浜市と言えば隣町同士でハーフマラソンが開催されており、小さな町ながらマラソン熱は盛んですね。

高校駅伝の強豪校、美方高校もありますし、、、

 

若狭町、小浜市と言えば魚がおいしいことでも有名です。

街を訪れると有名な魚料理のお店がたくさんあります。

 

そして山。

複雑に入り組んだ若狭湾には海からすぐに山々がそびえたっています。

本当に景色のいいところです。

 

この山と海を同時に味わう若狭路トレイルは海抜0mの海岸からスタートして標高448mの山を駆け上がり再び海岸へ戻ってくるというコースです。

海と山を同時に味わえるトレイルは貴重ですね。

若狭路トレイルの種目とエントリー

若狭路トレイルのエントリーはランネットとスポーツエントリーからできます。

種目 スタート時間 定員 制限時間 参加資格
ロングコース43km 7:00 全種目合計で1000人 未定 9時間以内で走れる方
ミドルコース32km 8:00 7時間以内で走れる方
ショートコース15km 9:00 5時間以内で走れる方

エントリーはすでに始まっており、先着で1,000名です。

締め切りは8月24日までとなっております。

7月上旬ですでに600名のエントリーが入っているとのことですので、検討中の方はお早めに!

若狭路トレイルのアクセスと駐車場

若狭路トレイルは若狭町食見海水浴場を発着点として開催されます。

北陸道と舞鶴若狭自動車道がつながったので、北陸方面や京阪神からもアクセスは抜群です。

電車の場合は小浜線三方駅からタクシー15分と少し不便です。

 

福井県の場合は車が一番便利です。

駐車場も会場周辺に用意されますので安心です。

若狭路トレイルのコース

若狭路トレイルは体力、走力に応じて3つのコースが用意されています。

標高448mの山と油断していると、何度も登っては下るのでロングだと獲得標高は2000mを越えます。

ロングコース

  • 距離:約43km
  • 最大標高差:450m
  • 獲得標高:(上り)2368m、(下り)2369m

ミドルコース

  • 距離:約32km
  • 最大標高差:450m
  • 獲得標高:(上り)1756m、(下り)1750m

 

ショートコース

  • 距離:約15km
  • 最大標高差:340m
  • 獲得標高:(上り)791m、(下り)787m

 

若狭路トレイルの口コミ

若狭路トレイルの参加者からは絶景のツイートがたくさんあります。

一部のみ抜粋させていただきましたが、どれも息をのむ絶景ですね。

これ見ているだけで走りたくなってしまいますね!

若狭路トレイル開催への想い

若狭路トレイル主催者は本当にコースの整備から大会まで素晴らしい情熱をもって準備されています。

公式サイトにも開催への想いがつづられています。

これを読んでいると心が熱くなります。

 

公式サイトで紹介されていますのでご一読おすすめします↓

 

まとめ

若狭路トレイルは本当に景色のいい最高のトレイルコースです。

開催時期が台風シーズンでもあるので天候だけが不安ですが、本当にこの絶景を楽しみながら走りたいものです。

 

気候的にはちょうどいい季節なので、山を海を同時に楽しめる素晴らしい大会かと思います。

私自身も参加予定です!

 

ぜひ、走りましょう!

おすすめ記事

-トレイルランニング
-

Copyright© マラソンをもっと楽しむブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.