ランニング・ダイエット

ランニングでダイエットを考えている方へ本当に伝えたいこと

投稿日:2019年4月25日 更新日:

Pocket

ランニングでダイエットをしたい。

ランニングが今流行しているし、お洒落だし、かっこいいし、ダイエットを目的としてやってみたいとお考えの方へ本当に伝えたいことを私の経験からお伝えします。

 

はっきり言います。

ランニングでダイエットと言いますが、ランニングを継続することは甘くはありません。

自分に厳しくないと続きません。

 

それでも、楽しみながらランニング、マラソンをしてダイエットを続ける方法はあります。

それはマラソン大会を走る事。

そのメリットと続けるためのコツを紹介します。

 

ランニングに関する関連記事

ランニング・ジョギングで得られる8つのメリットと効果はこれだ!

超便利ランニンググッズおすすめ2選

ランニング・ジョギング後のケアとケガ予防について

ランニングでダイエットを考えている方へ本当に伝えたいこと

ランニングでダイエットは簡単?

でも、長続きしないと効果はありません。

 

その秘訣を紹介します。

 

ランニングでダイエットは理にかなっていることで、無理な食事制限なく健康的にダイエットできるのでおすすめです。

 

私はランニング歴6年ほどの中年市民ランナーです。

ランニングでダイエットは必ずできます。

 

ランニングをダイエットのために継続できますか?

はっきり言います。

ダイエットのために始めたランニングでも最低毎週末2回。

ダイエットの効果をランニングで実感するには最低3か月は繰り返す必要があります。

 

1回当たりのランニングの時間は40分以上が目安。慣れてくれば1時間以上。

距離にして5キロから7キロ以上、慣れれば10キロ。

 

なぜか?

 

体内の脂肪を燃焼させるには低負荷の有酸素運動が必要。

有酸素運動は長く続けないと効果がありません。

 

その時間の目安が20分とか書いている記事もありますが、私が実感するのは40分以上です。

 

ランニングハイて聞いたことありますか?

ランニングハイは長く走り続けていとアドレナリンが分泌され精神的にもハイな状態になる事です。

これは、非常に気持ちのいいもので、経験した者にしかわかりません。

 

ランニングでダイエットを考えるとこの状態を経験することは必須です。

 

なぜ、しんどいランニングをして気持ちが良くなるのか不思議ですが、これは事実です。

 

有酸素運動を長時間続けると体内の脂肪が燃焼します。ランニングを終えた後でも燃焼し続けます。

だから、ランニング後にゆっくり休んでいても脂肪は燃焼し続けてくれるのです。

 

これがランニングによるダイエットの最大の効果です。

しかし、これは長い時間を低負荷で走る必要があります。

 

少し前になりますが、スロージョギングの本が話題になりましたよね。

また、アスリートではオリンピックに行った浅井選手を育てた佐々木監督の「ゆっくり走れば速くなる」の本もあまりに有名で、今では多くの学校や実業団の陸上長距離の練習として取り入れられています。

 

ゆっくりでいいのです。

長く走る。

ランニングすればダイエットにつながります。

逆に速く走る必要がありません。

 

しかし、毎週末の土日サボっただけでも筋力は落ちます。

今までやってきたことは台無しになります。

 

脂肪を燃焼してくれるはずの筋肉が衰えます。

あなたはダイエットのためにランニングを継続できますか?

 

ランニングでダイエットなんて継続できなければまず無理です!

ランニングでゆっくり走って脂肪を燃焼して基礎代謝を上げて、食事制限なしで簡単にダイエット。

そんなに甘くはないです。

 

あなたは毎週末土日の休みにランニング出来ますか?

それでダイエット出来ますか?

散歩でも、毎週末だけでも継続できますか?

 

いろいろと簡単に出来る。

ランニング・ジョギングをゆっくりと繰り返せばダイエットできる。

痩せられるとの安易な記事が溢れています。

 

50才になる私は食事制限なしで、大好きなお酒もスナック菓子も食べたいだけ食べて20代の体型を維持しています。

 

それは、ランニングによるダイエットよりも自分が早く走れることへの嬉しさがあったから続きました。

 

私はランニング走る事が好き。

というより、負けず嫌い。

 

だから継続できましたし、ランニングやダイエットは苦痛より楽しみでした。

私が走った距離。

 

始めた年は月に50キロから100キロ未満でしたが、速くなりたい一心で今ではこれだけ走っていますし、何よりも走ることが楽しい。

これが一年間で実際に私が走った距離↓

これは、ランニングでダイエットというよりマラソン大会でサブ4(フルマラソンで4時間を切る事)を目指したトレーニングです。

 

現実的に、ダイエット目的のランニングならそこまで走る必要はありません。

 

ランニングでダイエットを成功させて維持する方法教えます

ランニングでダイエットは昔からよく言われていますし、正しく本当に実践すれば必ず痩せます。

 

しかし、99%の人は長続きしません。

なぜか?

 

目標がダイエットだからです。

 

ダイエットというあいまいな基準を目標にするので甘えも出ます。

それならば、同じランニングをするなら、マラソン大会に出て皆があっと驚くタイムで走る。

 

そのように目標を切り替えたら、ランニングすることが苦痛でなくなり、ダイエットという意識も忘れてひたすら早く走る事へ向かいだします。

 

一度、マラソン大会に出てみる。最後尾を争うのかなと自信なく参加してもしっかり練習して入れば、真ん中くらいではだれでもゴールできます。

 

市民マラソンは上位は半端ない人ですが、真ん中以下はどれだけ練習しているかの差です。

下位の方の人はまず、練習していない。

 

真ん中あたりの人はしっかり練習している人か、若いころの体力の貯金が残っている人。

20代くらいの若者でも練習なしで参加したら、とんでもない地獄をみて下位に沈みます。

 

ランニングによるダイエットを成功させるならマラソン大会へのエントリーは必須といっても過言ではありません。

 

勇気を出して出てみれば世界が変わります。

出場者のボリュームゾーンは40代!続いて30代50代が同じくらい?

20代は少数派。

 

これを見てもわかります。いかに中年層が健康のためダイエットのために走っているか。

そして、ランニングをダイエットのためと思わず楽しんでいる。

そこには、食事制限とかしすぎた、青白い顔の貧弱な人はいません。

皆さん、はつらつと生き生きして、健康的な日焼けして、お洒落なウェアを着て、女性はしっかりスポーツ用のメイクをして走ります。

 

一度でいいので、その姿を見てみてください。

あなたの街にもマラソン大会はあるはず。

 

女性なんて、ランニング中もガチのマラソン大会も綺麗にメイクして走っておられます。

ランニング、マラソンは昔のような泥臭いイメージじゃないです。

おしゃれにスポーツを楽しむものとなっています。

 

ぜひ、ランニングでダイエットを目指すならマラソン大会に出場して見ましょう。

きっと、あなたの考え方も、人生も変わるかもしれません。

ランニングでダイエットの効果が出るには時間は必要です

ランニングをすればダイエットは出来るとお話ししましたが、効果が出るには時間がかかります。

最初の一か月は、運動不足の解消で脂肪が燃焼されて一度すーと体重は落ちます。

 

そのご、身体が負荷になれてくるのと筋肉がついてくるので一旦体重は減らなくなる時期が来ます。

これが、筋肉の出来上がるのに3か月かかると言われる、その頃です。

 

筋肉は脂肪よりも重いので見た目は痩せているのに体重は思ったほど減りませんがご安心ください。

 

その筋肉が、今度は脂肪を燃焼させる元となってくれます。

その筋肉をつけて維持すれば、そう簡単にはリバウンドしません。

 

これが、ランニングでのダイエットの最大のメリットといえます。

しかし、最後にも言います。

 

ランニング継続できますか?

本当に甘くはありません。

 

ダイエット目的だけならほぼ続きません。

マラソン大会で人より早く走ってやるくらいの気持ちを持たないと、、、

 

ランニングでダイエットは難しいと思います。

逆に出来た人は、素晴らしい身体の持ち主となるでしょう!

おすすめ記事

-ランニング・ダイエット
-

Copyright© マラソンをもっと楽しむブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.