マラソン参戦記

まいばら入江干拓マラソン2019参戦記|滋賀県マラソン大会

投稿日:2019年4月25日 更新日:

Pocket

まいばら入江干拓マラソン2019を走ってきました。

まいばら入江干拓マラソンは滋賀県で行われる超ローカルな大会です。

 

でも、まいばら入江干拓マラソンには、都市型マラソンや大規模マラソンにない手作り感満載の素晴らしいものがあります。

こちらの記事もおすすめ↓

40代初めてのマラソン大会おすすめ検索&穴場が見つかるサイトの解説

ランニングでダイエットを考えている方へ本当に伝えたいこと

まいばら入江干拓マラソン2019参戦記|滋賀県マラソン大会

まいばら入江干拓マラソン2019走ってきました。

その様子を詳しく紹介します。

まいばら入江干拓マラソンの駐車場事情

まいばら入江干拓マラソンは私は今年が初参戦でした。

滋賀県に住んでいながら、なかなかスケジュールが合わなくて走れていませんでした。

 

滋賀県内のマラソン大会はほぼ網羅していますが、このまいばら入江干拓マラソンは初めての参加です。

初めて参加する時に真っ先に浮かぶのが駐車場について。

滋賀県もそうですが、電車での移動が不便な地域では車が必須で、マラソン大会ももちろん車で行きます。

駐車場が確約されている大会は安心して行けますが、先着順にとめることになる大会は心配です。

 

まいばら入江干拓マラソンの駐車場情報。

今年私が経験したことをお話ししますね。

 

今年は雨予報だったので、出走を躊躇してしまい家を出るタイミングが受付締切に間に合うかどうかの賭けでした。

まいばら入江干拓マラソンの駐車場に到着したのは受付終了時間ピッタリ。

 

取り合えず、家内を受付前で降ろして、受付してもらいました。

近くの駐車場は満車。

 

出走時間まで40分しかない。

駐車場を係の人に尋ねてさがす。

 

見つかりました!

米原市役所の駐車場が解放されています。

 

満車になる事もなく余裕で駐車。

開場まで遠いのかと思うが、なんと徒歩5分。

 

他にもたくさん駐車場確保してくださっています。

まいばら入江干拓マラソンはぎりぎりについても余裕で駐車場はあると言う事がわかりました。

 

まいばら入江干拓マラソンは滋賀県で開催されるローカルマラソンの中でも参加者は少なめ。

だから、ストレスフリーです。

まいばら入江干拓マラソンはタイム計測がないがガチで走れるマラソン

まいばら入江干拓マラソンはチップによるタイムの自動計測はされていません。

ゴール地点に時計があって自分で計測するというもの。

 

これで十分ですよね。

だって、マラソンランナーは皆GPS時計つけてますから。

 

計測がない分格安です。

15キロのコースで参加料2600円。

 

さらに、参加賞のタオルに、カロリーメイト、ミネラルウォーター

開場には格安の屋台。

 

うどん200円とかほとんどの商品がおそらく地元ボランティアで運営されているので良心的すぎます。

 

まいばら入江干拓マラソンは計測チップによるタイム計測はありませんが、順位による表彰はあります。

だから、みんな頑張る。

 

表彰なくても、ランナーならスタートしたらスイッチ入りますけどね。

まいばら入江干拓マラソンはのコースと景色

まいばら入江干拓マラソンは米原市が干拓事業で琵琶湖を埋め立てて出来た農村地帯を走ります。

だから、ひたすらフラットです。

 

問題点は、田園地帯をひたすら走るので景色が変わらない。

遠くの遠くまで見渡せるので心が折れそうになることも。

 

一部、住宅街や琵琶湖岸も走ります。

そこでは地元の方々の温かい応援がもらえます。

 

私自身も田舎に住んでいますが、地方の素朴な暖かい応援って好きだな!

米原も好きになっちゃいましたね!

 

まいばら入江干拓マラソン2019は例年より遅い開催で、4月14日でした。

普通なら、桜も散っている頃なのですが、今年は満開と重なりました。

 

ところどころ、桜並木のある所を走りますので、まさにお花見ランでした。

 

まいばら入江干拓マラソンの種目

まいばら入江干拓マラソンは15km、5.8km、2kmと体力に合わせて子供から大人まで楽しめます。

まいばら入江干拓マラソンのこだわり?

 

距離は陸連公認コースでない限り結構適当なところ多いのですが、ここは的確。

いや、的確過ぎます。

 

普通は15.11kmのコースでも15kmと言い切ります。5.88kmのコースなら6kmと言い切る大会がほとんどです。

誤差の範囲ですから。

実際、GPS時計を持って走っているので、誤差はあるものの距離表示がおかしな大会はすぐ気づきます。

しかし、まいばら入江干拓マラソンの距離表示は半端なく正確でした。

 

これも大会実行委員の方のこだわりなのでしょうね。

正直さが伝わる大会で好きだな!

 

まいばら入江干拓マラソンは更衣室もトイレもストレスフリー

マラソン大会で一番ストレスを感じるのが、更衣室が狭い、荷物置き場がない。トイレが混む。

まいばら入江干拓マラソンはこれらがストレスフリーです。

 

更衣室なんて広い体育館を独占しているほどゆったり、トイレは仮設ではなく、学校の施設を利用できるので快適。

いい事ばかりですね。

 

まいばら入江干拓マラソンの開催者に感じる熱い思い

大好きなまいばら入江干拓マラソンですが、相当の低予算で開催されていると思います。

全てが手作り感満載です。

 

ゴール、スタートの看板も手書きで作った感じ。

参加案内も手作り感たっぷり。

 

それでいて、運営はしっかりされています。

低予算でもしっかりした大会を開催したいという開催者の熱い思いを感じてしまいました。

 

欲をいうなら、、、

コースだけもう少し変更してほしいですね。

直角カーブの連続とひたすら田園地帯は少し、心が折れます。

 

もう少し、住宅街や湖岸沿いを歩道でいいので長く走れるともっといい大会になると思いました。

それでも、コストパフォーマンスは十分すぎる大会でした。

 

まいばら入江干拓マラソン主催者の皆様、ボランティアの皆様ありがとうございました。

 

 

おすすめ記事

-マラソン参戦記

Copyright© マラソンをもっと楽しむブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.